シミ 化粧品 おすすめランキング

このページではシミ化粧品について詳しく書いています。

 

 

しみを消したい!
しみに効く化粧品が知りたい!
どんな化粧品がしみに効果があるの?

 

という方の参考になれば幸いです。

 

シミに効果的な成分はハイドロキノン!

 

今あるシミを薄くしてくれる美白成分はハイドロキノンが有効とされています。ただし使い方や量を間違えると逆に肌が汚くなってしまうので注意が必要です。

 

今回こちらで紹介する商品はハイドロキノンが基準値を超えない安全なハイドロキノン配合の化粧品を紹介しています。

 

実際に私も使ってみて効果を実感できた順番にランキングしています。シミをどうしても消したい方は参考にしてみてください。

 

 

シミ化粧品人気 1位 ビーグレン ホワイトケアの特徴

・365日返金保証
・たっぷり7日分トライアルセット
・ハイドロキノン配合化粧品
・ビーグレン独自の浸透テクノロジー
・医学会が認定

価格 6,422円
評価 評価5
備考 トライアルセット7日分1,800円
シミ化粧品人気 1位 ビーグレン ホワイトケアの総評

使った方の98%がリピートしている人気No1の美白化粧品です。実際に私も使ってみましたが、かなり効果を感じました。トライアルセットがあるのでまずはそちらをお試しください。365日間の返金保証もついているので安心ですよ

 
 

シミ化粧品人気 2位 アンプルールの特徴

・新安定型ハイドロキノン配合
・次回1,000円割引券プレゼント
・皮膚専門家が開発した美白化粧品
・角質ケア石鹸プレゼント
・豪華6点セット
・ベストコスメ8冠

価格 6,500円
評価 評価5
備考 初回限定お試し価格1,890円
シミ化粧品人気 2位 アンプルールの総評

皮膚の専門家が開発したというだけで効果がありそうな化粧品ですね!美容液にはハイドロキノンが配合されており、夜通して集中的にシミに攻撃してくれるので期待大です。

 
 

シミ化粧品人気 3位 シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の特徴

医薬部外品
・薬用美白ジェル
・シミ、くすみ、しわ、たるみ、クマ、むくみに効果的
・オールインワン
・マッサージでリフトアップ効果も期待できる
・30日間返金保証付き

価格 3,795円
評価 評価5
備考 今だけミニボトルとマスクパック3枚プレゼント中 30日間返金保証付き
シミ化粧品人気 3位 シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の総評

オールインワンジェルで使いやすいのが特徴です。マッサージしながらシミをケアできます。ハイドロキノンは配合されていませんが、こちらの商品口コミがすごいんです!ちなみに私もかなり効果を感じました。

 

 

シミの種類と原因

一口にシミといっても、いくつかの種類があり、その種類によって原因も異なります。

 

老人性色素斑

シミの中で最も多くみられる症状で、紫外線によるメラニンの生成が促進されてしまうことが原因でできてしまいます。頬やこめかみなどに、数mm〜数十mm程度の大きさで、丸くできることが特徴です。

 

肝斑

頬骨や鼻の下、額などに左右対称にできる濃さの均一なシミです。30〜40代の女性に多く、閉経とともに消えるために女性ホルモンが関係しているのではないかといわれています。また、妊娠中やピルの服用時にもできやすいという特徴があります。

 

そばかす

鼻を中心に顔全体に小さな斑点が散らばったように出るのが特徴のそばかす。遺伝的な要因が強く、小学生などの小さいころから現われます。米粒ほどの大きさの不規則な形をしていて、色は淡褐色です。成長するにつれて増えてしまったり、紫外線の影響で色が濃くなってしまうこともあります。

 

遅発性両側性太田母斑

額や目の周り、頬などに生まれつきある茶褐色や青色のあざで、日本人に多く見られます。生後間もなく出現するものもあれば、20歳を過ぎてから出現するものもあります
美白化粧品などでは効果がなく、レーザー治療が必要となります。

 

脂漏性角化症

イボのように盛り上がった状態のシミで、シミの角化が進んで隆起したもので、手の甲にできることも多いようです。炭酸ガス(CO2)レーザーや色素レーザーによる治療しかできません。

 

 

代表的なシミの種類だけでもこれだけありますが、このほかにも炎症性色素沈着や摩擦黒皮症、花弁状色素斑などがあり、原因や治療法もそれぞれ違います。
ご自分にできたシミの種類が何かを特定することで、効果的な治療方法を見つけることができるようになります。

 

シミに効果的な成分とは?

 

シミなどに効果的な美白成分の持つ作用には、大きく分けて2つのはたらきがあります。

 

メラニン生成抑制作用

 

メラニン生成に必要な酵素であるチロシナーゼの活動を抑制する
メラノサイトに働きかける情報伝達物質のはたらきを阻害する

 

メラニン還元作用  

 

すでにあるシミやくすみに働きかけて改善する

 

メラニン生成抑制作用については、さらに2つに分けることができるため、それぞれに効果のある成分が違ってきます。

 

ハイドロキノン

近年になって日本でも流通するようになってきた成分のひとつで、メラニンの生成抑制作用に加えて、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)自体を減少させるはたらきを持っています。世界では古くから利用されてきた成分であり、“肌の漂白剤”としても知られています。しかし、その効果が高すぎるために、使用量を誤ってしまうと肌の色素が抜け落ちてしまうなどの副作用の危険性もありますので、注意が必要です。

 

ビタミンC誘導体

メラニン生成を司る酵素チロシナーゼの活性化を阻害する作用に加え、唯一メラニン還元作用のはたらきも持つ、美白には欠かせない成分です。より肌への浸透をしやすくするため、分子を小さくし、肌への浸透率を上昇させることができます。

 

アルブチン

メラニン生成を促すチロシナーゼの活性化を阻害するはたらきを持つアルブチン。シミの予防に効果が期待できるため、紫外線対策に有効です。また、できてしまったシミをそれ以上悪化させないはたらきも持っています。

 

リノール酸

チロシナーゼの活性化を抑制するはたらきを持つのと同時に、保湿や抗炎症作用などもはたらきもあるため、美白には効果的な成分です。体内で作ることができない必須脂肪酸のひとつですが、摂りすぎるとアトピー性皮膚炎などの症状を引き起こしてしまうこともあるため注意が必要です。

 

トラネキサム酸

メラノサイトに働きかける情報伝達物質である「プロスタグランジン」のはたらきを阻害し、メラニンの生成を抑制する効果が期待できます。また、抗炎症・抗アレルギー効果も期待できるため、じん麻疹や湿疹などの治療薬として、医療現場では長年使用されてきた成分です。

 

これら以外にも、コウジ酸やエラグ酸、プラセンタエキスなど、多くの種類の成分がシミに効果的なものとして認識されています。成分のはたらきを知ることで、ご自分の肌に合うかどうか、シミの症状に合うかどうかを見極める基準にすることができますので、参考にしてみるといいでしょう。

 

私が1番おすすめなのは1位のビーグレンホワイトケアです。

 

ここまで、シミ化粧品人気を紹介してきましたが、私が1番おすすめなのは、やっぱり1位のビーグレンのホワイトケア!

いろいろ試したけどなかなかシミが消えないという方が最後にたどり着くのがビーグレンのようです。実際に効果を感じている方が多く、続けていくとかなりシミが薄くなっています。

 

まずはトライアルセットで7日間、自分のお肌で体感してみてください。ビーグレンは365日返金保証がついているので安心してお試しできます。